台湾スイーツ豆花と初めての出会い

September 20, 2019

​​​​​

こんにちは はじめまして新人Webライターの(はしもっちゃん略して)もちです。

自己紹介は苦手なのでブログ等を通じて段々と趣味や性格を知ってもらえたらと思います。

これからよろしくお願いいたします。

 

最近は日が落ちるのが段々と早くなってきて秋の訪れを感じています。

 

しかしそんな季節の変わり目にも負けずに

くろいまるまるのもちもち、まだまだ列の途切れない店も多いタピオカブームは続いていますね・・・。

 

私もタピオカは大好きです。

特に印象に残っているタピオカとの出会いは学生時代に台湾旅行で飲んだ『50嵐』と『CoCo都可』のタピオカです。

現在は日本にも店舗があるようですね。

 

最近はブームにのって福岡市内も急激にドドッと店舗数も増えた印象ですが、

私が旅行した当時はタピオカ=台湾にしか無いソウルフードと言うイメージでした。

台湾に行った際は見つけたらとりあえず買うって程、ドバドバ飲んでました。

現在日本に上陸してるタピオカはカップの比較的サイズが小さめのものが多いですが、

台湾のタピオカドリンクのカップはビックサイズで、

旅行中ずっと片手にタピオカ入りドリンクのカップを持ち歩き胃の中が常にタプタプもちもちだった記憶があります。

 

そんなこんなが私とタピオカとの思い出ですが、

まだ台湾旅行で思い出を作れていないデザートが一つあることを

最近のタピオカブームでハッ・・・と思い出しました。

 

 

そうそれが今回の主役『豆花(トウファ)』です!!

(またせたな、豆花・・・)

 

 

前置きが長くなりましたが、今回は台湾タピオカブームにのって次に流行るかもしれない・・・!?

豆花についてじっくり書いていこうと思います!(食レポもあります)

 

◉目次

・台湾スイーツ豆花

・福岡で豆花を食べれるお店

・メニュー

・豆花食レポ

・まとめ

・台湾スイーツ豆花

 

まずは豆花の説明をササッと行います。

豆花とは台湾の国民的スイーツで、主な原料は大豆と水と凝固剤です。

みなさんが普段口にする機会も多い豆腐も大豆の搾り汁(豆乳)を凝固剤によって固めたものなので、大まかなイメージは豆腐プリンです。

ただ用いられる凝固剤が豆腐とは異なっていて豆花は食用石膏粉、海藻粉、さつまいもの粉などが用いられることが多く、

本場でも地方で味付けが変わるようです。

今回は台湾の豆花なので甘くて、スイートッな(甘い)豆花をご紹介します。

豆花には、トッピングをのせて食べます。大体の本場台湾のお店ではトッピング○個で○円などという価格設定も多いようで、

自分で自由にトッピングを選んで注文するスタイルです。

 

豆花は大豆イソフラボンを多く含んでいます。大豆イソフラボンは女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをするため、

肌の新陳代謝を促進、美肌・美髪、コレステロールの増加を抑えて動脈硬化を防ぐなどの効果が期待できます。

ヘルシーで美容にも良い有能なスイーツが豆花なのです!!!

 

・福岡で豆花を食べれるお店

美容にも効果が期待できそうなヘルシースイーツ豆花やっぱり気になりますよね???

実は福岡にもあるんです!その名も『台湾スイーツカフェ倉商店』さんです。

地下鉄 大濠公園駅から歩いて3分ほどで到着します。

お店の公式Facebookにお店までの生き方も動画で上がってるので迷うことはありませんでした!

参考に地図を載せておきます。

 

 

外観はこんな感じです。

 

 

 

 

外の看板にはしっかり豆花の文字が!

お昼すぎに行きましたが結構賑わっていていました。

驚いたのがおそらく台湾のお客さんが多いようで、台湾人の亭主さんと会話をしていらっしゃいます。

入っていきなり店内を飛び交う現地の言葉!!

店内も台湾風にかわいらしく飾り付けてあって違う世界に来たような不思議な気持ちになりました。

 

注文を受けてくださった雰囲気の良い綺麗な女性の方は日本人で、

現地の言葉飛び交う中ちょっとビビってた私と、今回の同行者しほにゃん先輩もきちんと日本語で注文できました、安心♡

 

・メニュー

カウンターで注文して、席まで持ってきてもらうスタイルです。

はじめての方でも流れがつかめるようにメニューと注文の流れを写真を載せながら説明いたします!

 

 

イートインさせて頂きましたが、私としほにゃん先輩が頼んだのは豆花とお茶のお得なセット。

お値段は税込み¥1000です。大まかな流れを説明すると、

 

①まずはメニューの中の『豆花・レモン豆花・阿里山愛玉ゼリー・仙草ゼリー盛り』から好きなものを1品チョイスします。

今回は豆花を食べに来たので、ノーマルな豆花とレモン豆花を注文!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②次にトッピングを選びます。豆花は4種類、レモン豆花は1種類です。これがすごく悩むんです・・・。

トッピングは『カラフル白玉・芋団子・仙草ゼリー・紫米・ハスの実・白キクラゲ&ナツメ・緑豆・茹でピーナッツ』の中から選べます。

どれも初めて見るものばかり、お店の方にオススメを聞きながらなんとか選びました。

③シロップは『甘さ控えめ・超甘さ控えめ』2種類から選べます。

④最後にセットの台湾茶『文山包種茶・台湾ジャスミン茶・台湾碧螺春緑茶・鉄観音レモンティー』の中から選びます。

 

これで注文は完了です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん単品メニューもあります。

 

ポイントカードも作ってもらいましたよ!

 

 

・豆花食レポ

ついに私にとっての豆花デビュー戦です!!!

まず運ばれてきたのはレモン豆花。

 

 

メニューにも記載されていましたが台湾の南部で有名らしいです。

見た目がまず美しい〜!!涼しそうにレモンシロップの海にふわふわとレモンの輪切りが豆花の上に浮いています。

トッピングはオススメのカラフル白玉を選びました。

冷たい台湾碧螺春緑茶(タイワンビンロウチュンチャ)と一緒にいただきます。

銀色のレンゲのようなスプーンでいただきますが、最初はレモンシロップをひとくち。

あまい!!おいしい!!」甘さ控えめを注文したのですが結構甘かったです。(超甘さ控えめでも食べれたかも?)

そしてつかさず、ぷるぷるな豆花にスプーンを入れます。

頭の中では豆腐の想像だったのでふにゃふにゃなのかな?と思っていましたが意外と固め。

でも最初に口に運んだ感想は「想像以上に豆腐!」(笑)

豆花自体には甘さはほとんど無く、シロップや具材と食べて味が生まれる!そんな感じです。

 

続きましてノーマルな豆花の登場です!!

 

こちらも甘さ控えめです。すっきりとした味わいの台湾ジャスミン茶と一緒に。

ノーマルな豆花はトッピングが4種類選べたので今回は、カラフル白玉、芋団子、、仙草ゼリー、茹でピーナッツを選びました。

こちらを注文したのはしほにゃん先輩だったので一口いただくことに。

全然レモン豆花と味わいが違う!!!」トッピングやシロップの味でガラッと雰囲気が変わるのが豆花の醍醐味ですね。

こんな感じで豆花をじっくり味わいました。

 

食べ終わる頃には2人共お腹いっぱいに・・・。

豆花はヘルシーなのにお腹にしっかりたまってくれました\(^o^)/

 

・まとめ

今回はじめて豆花を食べてみた総合的な感想はずばり、癖になりそう!♡です。

最初は初めての食感や味に戸惑ったのですが、食べ勧めていくうちに癖になってあっという間に食べ終わってしまいました。

次は是非!!台湾に行って本場の味を味わってみたいと思いう気持ちが強くなりました!!

 

お店も素敵な雰囲気で、とても落ち着ける空間だったのでまた伺いたいです。

 

【台湾スイーツカフェ 倉商店】

 

福岡県福岡市中央区大手門3-3-24 小金丸ビル 1F

営業時間:12:00〜17:00

定休日:月曜日・火曜日・水曜日

※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

(すべて撮影時2019年9月6日のメニュー、価格設定です。)

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload