SEOの昔と今~SEOで最もGoogleが重要視していること~

May 31, 2017

こんにちは。ディレクターのゆっぴぃです。

 

御社のサイトもSEO対策をしていると思いますが、

満足のいく検索表示結果になっていますか?

 

実は、人が成長するように、検索エンジンであるGoogleさんも日々成長しています。

ですので、以前通用していたSEO対策のままでは

表示順位が下がってしまっている可能性があります。

 

つまり、今のGoogleさんが最も重きを置くポイントを
しっかり把握したサイトになっているかどうかが、とても重要だということです。

(悲しいかな、今のGoogleさんに気に入ってもらえているかを考えながら

 最適化しないといけないんですね^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、今回は
SEO対策について今重要なことをまとめたので

参考にしていただければと思います。

 


目次
①そもそもSEOとは?
②SEOの昔と今の違い

③今SEOですべき対策は?
 

 

 

 

 

 

 

①そもそもSEOとは?

 

御社のサイトは、どのような検索キーワードを打つ人に

訪れて欲しいですか?

 

 


 

 

 

 

 

例1 飲食店だったら・・・「福岡 居酒屋」「福岡 人気 居酒屋」
例2 式場だったら・・・・「福岡 結婚式場」「福岡 人気式場」「福岡 安い式場」
例3 整骨院だったら・・・「福岡 整骨院」「福岡 骨盤矯正」

 

上記のように、基本的には、エリア名 カテゴリ ポイント 

などで検索する方が多いでしょう。
そのキーワードで検索をしたときに、御社のサイトが
1ページ目に上がってくるか?もしくは10ページ目に上がってくるか?では
集客や問い合わせ数の効果は当然異なってきますよね。
1ページ目に上がってくるためにSEO対策を行うのです。

 

SEO=サーチエンジンオプティマイゼーション
の略ですが、つまり
サーチエンジン(google)に最適化しているか?ということです。

 

 

 

②SEOの昔と今の違い

 

昔のSEOに効果的と言われていた主なことは
サイトの裏側のソースコード(サイトを作るための指示暗号)に
いかにたくさんの重要な検索キーワードが入っているか?

といったテクニカルなものや、
いかにたくさん他のサイトからリンクが貼られているか(被リンク)など、
周りからどれだけ指示されているかといった信頼性が重要視されていました。

 

ただ、このようなことをどこもかしこもやっていたらどうでしょう?
Googleさんとしても、比較ができなくなってきたわけです。
(しかも上記のようなことがお金で買うことができるなど、作為的にできるようになってしまったのです)

 

そうなってしまったため、現在のSEO対策は、
サイト内にいかに良質なコンテンツがたくさんあるか?

を重要視するようになってきたのです。

 

スタッフブログや新着情報に始まり、
様々なコンテンツのボリュームが重要になってきました。

 

毎日の積み重ねの労力は、

確かに明らかに競合と差をつけることができるし
Googleさんだって一目瞭然ですよね。

 

 

 


 

 

 

③今SEOですべき対策は?

 

1 おもしろコンテンツを充実させる
2 ページボリュームを増やす
3 全ページSSL化

 

 

1 おもしろコンテンツを充実させる

「おもしろコンテンツ」とは、

 “読みたくなる””ためになる””求められる”記事です。

 

 御社のターゲットに響くコンテンツは何でしょう?
考えてみると実はたくさんあったりしませんか?

 

 

2 ページボリュームを増やす

5ページしかないサイトよりも20ページあるサイトの方を

優遇する傾向にあります(結構昔から言われています)
せっかくの情報が薄っぺらい内容で終わっていませんか?

 

 

3 全ページHTTPS化

・HTTPSとは?

 

 

 

 

 

 

↑このようにHTTPSと表示されたWebページは
「このページはセキュリティが守られていますよ」

ということを意味していて、
セキュリティリスク低減や、安全性や信頼性のアピールができる等

たくさんのメリットがあります。

 


・つまりどうなるということ?

一般的なWebサイトでは、
利用者が情報を入力するページだけはHTTPSで、
トップページやログイン後のページはHTTPというケースが多いですが、
googleがそれを、
「全ページHTTPS化されているサイトの検索順位を優遇する」と正式に発表したのです。
つまり「SEOのために、一刻も早く、全ページをHTTPS化させる必要がある」のです。

 

最近では、個人情報入力の際、

 IDパスを求めてくるサイトが多くなってきています。
IDパスを入力する際のページで、このHTTPSが入っていないページの場合、
個人情報が抜き取られる(漏洩)という可能性があり、とても危険なのです。
Googleも自分の検索エンジン上で、
そのようなことがあってはならないと考えているようです。

 

 


・どうなっていたらHTTPS化しないといけないの?

 

 

 

 

 

そのページが↑このような表示であれば
HTTPS化されていないのでHTTPS化する必要があります。

 

 

 


以上が、SEOですべき今の対策になります。

 

 

 

 

 

御社のサイトは、上記のポイントを押さえていますか?
他競合が手を打つ前に行いましょう!

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload